MMのひとりごと

とある地方住みオタクの雑記

フェス宮野さんに魅せられて

この夏から秋にかけてアニサマ〜キンスパ東京ドームと立て続けにフェスに参加してきた私ですが、今回はその感想…かと思いきや、ほぼフェス宮野さんへの熱苦しい想いを語っているだけのブログになってしまいました。

 

というわけで、そのつもりで読んでいただければと思います!

 

 

私が初めてフェスに参加したのは、2015年に開催された「KING SUPER LIVE 2015」でした。そして同じ年の「Animero Summer Live 2015 -THE GATE-」と続きます。

 

そこに参加するまでは、宮野さんの出番なんてほんのちょっとだろうし他の人はそんなに知らないしチケット高いし…とずっと参加を渋っていたのですが、2つのフェス参加を機にフェスの楽しさに目覚め、そしてフェスならではの宮野さんの魅力の虜になったのです。

 

 

宮野さんはソロライブがもちろん最高なのですが、登場と同時に空気を変える力、瞬時に自分のホームにしてしまう力は、客席のほとんどを自分のファンではない人たちが占めているフェスでこそ最大限活かされるので、たった数曲だけでもソロライブでは得られない感動があるんですよね。

 

 

特に印象深かったのがアニサマ2015でした。

少なくとも私はあの空気が変わる瞬間に1万払ってもいい。

 

 

このブログを書くにあたって改めてアニサマ2015を見てみたのですが、この宮野真守さんという方、最高すぎませんか…?

 

登場の瞬間から客席の心を奪い、1発目のシャインで楽しく歌い踊って会場全体を虜にし、そこからダンスパートへ。サンバ!サンバ!の掛け声と愉快なテンションに自然と笑顔の輪が広がる。ここは宮野真守ライブ会場か?というような空気がここで出来上がります。

そこからのがらっと雰囲気を変えてバリバリEDMなNEW ORDER宮野真守ワールドへ。そしてラストはコーレスを煽りながらのBREAK IT!で会場を一つにする。

という宮野さんのライブの楽しさをシンプルにわかりやすく詰め込んだ構成だったわけです。これはすごい…!

 

 

今でもあの登場の瞬間を思い出すと、ゾクゾクするほどの興奮が蘇ってきます。

 

アニサマ2015円盤持ってない方はぜひ買ってみてください。

出来れば過去のアニサマも。回し者じゃないよ!

 

201810071957414ee.jpg

 

 

 

これを生で見られたことが、私のオタク人生…というと大袈裟ですが、宮野真守ファンとしての自分に大きな影響を与えたことは間違いないです。

 

そして今これを書きながら気づいてしまいました…私、2015年辺りから金遣いのエグい万年金欠オタクになってる…そういうことだったのか…

フェスは推しへの信仰心を高めるイベントなのかもしれないので危険です。

 

 

 

そしてそして、今年のアニサマも最高でした!一際輝いてました。

 

20181007193456017.jpg

 

2018100719362451c.jpg

 

コーレスもパワーアップしており、ソロライブでは恒例の会場を半分に割るくだりや男女分かれてのコーレスまでガッツリありましたよ。アニサマだし、最後はシャインで盛り上がって終わったら最高だろうな〜と勝手に思っていたら本当にその通りになり…宮野さんはこういうところ本当に外さない。最高。

ダンサーだけでなくバンドまでチームマモメンバーだったのでメモリアル感もあり、アニサマでこんな日が来るとは…と感慨深くもありました。

 

20181007183641e60.jpg

 

 

キンスパは1曲目からアニソンでもないバリバリダンスナンバーなEXCITING!をぶち込んできたのがあまりにも最高…これはレーベルのフェスであるキンスパだからこそできたことだなあと思います。

そして衣装!本人がブログで言っていますがキングでプリンス!最高かよ。ひれ伏しました。

 

ただキンスパで一番テンション上がったのは奈々さんとの結界コラボだったり、アンコールでの革命デュアリズムコラボだったりしたので、フェスの醍醐味はやっぱりコラボだな〜〜という、今まで書いてきたこととは…?みたいな結論に達しそうになったのでこの話は終わります。

 

アンコールのデコ出し宮野さんめたくそどちゃくそハチャメチャ可愛かったね!宮野さんが最近デコ出しの需要に気づき始めていて我々はどうすればいいんだ…(ありがとうございます)

 

201810071934544c2.jpg

 

2018100719284745e.jpg

 

 

フェスならではセットリストやパフォーマンスでありながらも、宮野さんのライブの良さはしっかり残し、フェスの中に宮野真守ミニライブを作り出すかのような構成。フェスでの宮野さんのパフォーマンスを楽しいと思って下さった方は、ソロライブにも来てみてほしいです。最高なので!

 

 

そしてアニサマもキンスパも映像化されるはずなのでみんなぜひ買ってね!

回し者じゃないよ!

 

 

 

 

今や特に宮野さんのファンじゃなかったり曲を知らない人でも、生で宮野さんを見られるということだけでも嬉しいという人は多いのではないでしょうか。私にとっては林原めぐみさんや水樹奈々さんだったりがそうなのですが、宮野さんもそういう存在に近づいてきてるのかもしれません。

 

 

アニソンフェスでアニソンらしからぬダンスパフォーマンスをするようなアーティストが出てくることに抵抗がある人は結構いたのだろうなあと、過去を思い返すと思ったりします。それでも宮野さんは毎回ダンスパートを組み込んで自分のパフォーマンスを貫いていて、その結果今フェスという空間でパフォーマンスごと存在を受け入れられて愛されているというのが、宮野さんは強いなあと思うしすごいなあと思うし、その過程を追いかけることができているのは本当に幸せなことだなあと思います。

 

 

舞台やイベントでも宮野さんの登場で空気が変わる瞬間はたくさんあると思うのですが、大勢の中でのソロのステージだとそれをめちゃくちゃ感じられるので、フェスでの宮野さんを見たことがない人はぜひいつか生で体感してみてほしいなあと思います!

宮野さんの出番だけでも1万払ってもいいと(私は)思えるのだから、他のアーティストのパフォーマンスまで見られることを考えると実質タダじゃん…?

 

 

ただし宮野さんだけを目当てにフェスに参加するのは色々辛いのではないかなあと思うので、何が来ても楽しめるかというのは重要だと思います。あとは周りを男子オタクに囲まれたり激しいコールなどを入れる雰囲気が平気だったら大丈夫!

 

一概に男女と分けるのも違うとは思うのですが、傾向として男子オタクはライブを盛り上げるというか、推しを支えたり尽くしたりといったところに全力な人が多い気がしていて、そういうマインドはめちゃくちゃ共感できるところでもあるので、あの男子だらけの会場も私にとっては居心地の良い空間だったりします。

 

私は推しに真っ直ぐ全力なオタクが好きだ!

 

 

 

 

音楽活動10周年、宮野さんがたくさんのフェスに出演してくれて、それに参加できて私は幸せです。1月はリスアニ!ライブもありますし、今からめちゃくちゃ楽しみです!

 

 

 

 

(ソロライブ発表もめちゃくちゃ待ってます)(新曲の正式な続報も待ってます)(貪欲なオタク)

 

 

 

 

というわけで、取り留めのないフェス宮野さん最高だよ!っていう話でした。

お付き合いいただきありがとうございました。